So-net無料ブログ作成
検索選択

目の健康サプリ ブルーベリー

ジニアスeye 目の健康体操

ジニアスeye視力回復トレーニングでは眼球トレーニングを行います。

眼筋を鍛え、それと同時に健康体操をするとかなりの相乗効果が生まれます。

目の周辺の経絡マッサージは以下の通り。

1つめは「天応穴をもむ」
左右の親指の腹の部分でそれぞれの眉の下、
目の上の間を押します。

2つめは「晴明穴を圧迫する」
どちらかの手の親指と人指し指で目のキワの鼻の付け根を押す。
下に向けて押し、続いて上に向けて押します。

3つめは「四白穴をもむ」
両手の人差し指と中指を立てて他の指は曲げ、
親指を頬骨のくぼんでいる部分に当てます。
おいたら中指をはずして頬の中央部分を押します。

4つめは「太陽穴を押さえ、目のふちをこする」
左右の親指の腹でそれぞれのこめかみを押さえ、
人差し指の第二関節で眉の上をマッサージを行います。

最初は眉の付け根部分から端に向かって3箇所ぐらいこすっていきます。
続いて目の下を鼻のほうから目じりに向かってこすります。


これらの目の経絡ツボマッサージとジニアスeyeと同時に行い
視力回復を早めます。



川村明宏の視力回復法 ジニアスeye詳しくはこちら


共通テーマ:健康

ジニアスeye  川村明宏

ジニアスeyeの提唱者、川村明宏氏は速読法の第一人者として有名です。

英語版の速読術「eyeQ」はアメリカナンバーワンシェアを誇っています。
ニンテンドーDSのソフトを3つ、PSPのソフトも開発しています。

川村明宏氏が監修し、有名なソフトでは

「目で右脳を鍛えるDS速読術」、「目で右脳を鍛えるDS速読ジュニア」、
PSPは「目で右脳を鍛える速読術ポータブルなどがあります。

ジニアスeyeはた速読術からヒントを得た視力回復のトレーニング方法です。

ジニアスeyeはネット販売のみですが、オンラインマニュアルでありながら
口コミで人気が高まり、ネットショップランキングの1位になっているところもあります。



川村明宏の視力回復法 ジニアスeye詳しくはこちら

共通テーマ:健康

ジニアスeye 右脳と左脳

視力の回復の鍵は目の機能だけでなく、脳の働きに関連があると
ジニアスeye提唱者の河村氏は言っています。

脳に右脳と左脳に分かれており、

右脳の前頭葉は「ひらめき」
左脳の前頭葉は「論理的思考」

右脳の後頭葉は「イメージ視覚と動体視力」
左脳の後頭葉は推理視覚をつかさどる部分。

動体視力は年齢を重ねるほど衰えていきます。

ジニアスeyeのトレーニングをすることで脳の衰えを鍛えることはできるのです。

ジニアスeyeの視力回復トレーニングでは、脳を活性化させ
視力回復を目指していきます。


川村明宏の視力回復法 ジニアスeye詳しくはこちら

共通テーマ:健康
Copyright © ジニアスeye 川村明宏 視力回復方法  All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。